20180415-すばる&∞-

渋谷すばると関ジャニ∞ & 嵐ゴト。ジャニゴト中心。

遅れ放送の「ジャニ勉」が私に教えてくれること。それは、現実。

 

考えずにいれば平静でいられるのですが、何かに触れれば現実が襲いかかるという…。

そんな話です。

 

3ヶ月遅れの「ジャニ勉」放送

 

すばる君が関ジャニ∞としての活動を終えた今でも、ちゃんと放送があっています。

それには感謝。

最終回も見られる日がくるはずと少し安心もしました。

今週の放送は、たぶん、まだ、脱退を話し合っている途中の収録のもので。

今だから過敏にとるのかもしれませんが、メンバーの疲弊が伝わってきました。

なんか、皆、肌荒れてるし…。

 

そして、

 

あぁ、

次に∞に会うときは、ほんとにすばるはいないんだ…

 

と、

現実が押し寄せてきてしまいました。

7人の映像が、6人の現実を教えてくれるのです。

 

「GR8EST」ツアー。

すばるファンの方の反応は、やはりつらいライブだったとの言葉も多く…。

6人のことも大好きだからつらさが増す…。

そんな心中でもあるようで…。

 

想像がついてしまいます。

私もきっとそんな感情に襲われてしまうだろうことを…。

 

でも決して、人に連れられて行くのではないですよ!

自分が乗り越えなければいけない峠だから、そして何より、6人のことが大好きだから会いに行くのです!

 6人の関ジャニ∞をこれからも応援していきたいから。

プラス、

すばる君にもお願いされちゃったし(*´-`)

 

心の中はずっとこんなんです。

上がり下がり。

 

でも、

6人の心の中も、きっとこんな感じではないのかなぁ…。

前向いて気張って。

ステージですばるの不在を身に感じて。

ジェットコースター並でしょうけれど、それでも、前に進むことは決まっています。

 

すばるファンも踏ん張っています。

7人の関ジャニ∞が大好きだったファンも踏ん張っています。

 

もちろん、

ライブ参加なんて出来ない…

歌も聴けない…

関ジャニ∞も見ることができない…

そんな、悲しみのドン底の方もいらっしゃるかもしれません…。

 

でも、道は違えど、時には後ろに下がりながらも、いつかは前に進まなきゃいけない、それはきっと同じ。

進む先が、どんな所であっても。

全然違う場所になったとしても。

 

7人の関ジャニ∞を追いかけることはもう出来ない現実があるのだから。

 

 

ナゴヤから大阪は、少し時間があきますね。

安田君がちょっと休めて、少しでも回復して、子供時代から支えられてきた大阪で、安心してステージに立てればいいなと思います。

そして、安全に全公演、進んでいきますように。

 

エイターのみなさま、

ほんとに暑い暑い日々です。

どうか、身体に気をつけて。

 

そして私も、

泣いて、笑って、進んでいきます!!