20180415-すばる&∞-

渋谷すばると関ジャニ∞ 時々嵐ゴト。ジャニゴト中心です。

関ジャニ∞ LIVE 2018「GR8EST」福岡公演で感じたことぜ~んぶ‼️

 

関ジャニ∞の新たな出発となった2018年。

ツアー「GR8EST」福岡公演に、2日間行ってまいりました。

私の感じたことを綴っています。

セトリを並べたりはしておりませんし、

MCの内容もほぼなしですみませんが、

(他に沢山情報落ちていると思うので)

ネタバレはあります。

振替公演まで知らないままでいたい方は、

ここまででお願いします🙇

スバラー目線になっておりますことを、

ご了承願います。

 

 

 

 

 『GR8EST』福岡公演

 

 

何から書こうか迷います。

1日目、2日目と完全にわけてしまっても、

感想はまじってしまうだろうな…と思い、

オープニングから追っていこうと思います。

全部私の中のニュアンスですので、

そこはご了承ください。

 

2日間の公演後感じるままを書いたものです。

www.yuruhira-ss.com

www.yuruhira-ss.com

 

 

 

開演待ちの時間

 

1日目は友人と、2日目は娘と、

いずれもメインステージ側の上方席でした。

右と左は入れ替わりで。

 

1日目、開演して随分してから、

双眼鏡のピントあわせを全くしていなかった自分に気づきました。

双眼鏡を覗く余裕は皆無でしたけれど。

 

2日目は、何かよくわかりませんが、

落ち着いていた自分がいました。

今日は隅々まで楽しむ!

そう思って準備万端にしていました。

一晩たって、悲しいだけでなく、ほっと出来た自分もいたんだと思います。

 

 

 

オープニング

 

今年のオープニング映像は、

ちょっとカッコよくモノクロではじまります。

遺伝子の螺旋…胎児…

そして「REBORN 」の文字。

メンバーの目から次のメンバーの目へと、

映像が移り変わってのメンバー紹介でした。

ちょっとカッコよさを意識したのか、嵐っぽくなっておりました(笑)

そんな∞も、時にはいいですね!

そして、

私の席は、ステージよりの中央スクリーンはほぼ見えない位置ですから、バンドの位置につくメンバーの姿を捉えられました。

いよいよ…‼️

このオープニングのドキドキは、2日間ともそう大差なかったかも。

 

 

 

前半のバンド曲での思い

 

昨年と同じで前半はバンドです。

違ったのは、

バンドがそのままバクステまで、ムービングステージで動いていったこと。

これを最初に見たのは、関ジャニ∞ JUKEBOX LIVEでしたね。

 

f:id:yuruhira:20180516001619j:plain

 

 

 

涙が止まらなかった1日目

 

わかっていました…。

わかりきってました…。

すばる君の歌割りがどうなっているのか、

変化は受け入れられるだろうけれど、

すばる君がいない現実を受け止められない。

「あぁここは…。」

と、

ソロパートでも、

ハモりでも、

全員で歌う場面でも、

すばる君の声を追っている自分がいました。

 

NOROSHI…

Heavenly Psysho…

BJ…

一番つらかったのはやはり…。

 

「LIFE~目の前の向こうへ~」

 

本当につらかった。

苦しい時間でした。

私はこのままフェードアウトしてしまうかも。

そんなことも頭をよぎりました。

 

そんなファンが沢山いることをわかっていて、

覚悟してこの歌に挑んだ∞。

そしてそんなファンのために、

ここで一息ついてくれます。

(もちろんこんな分析は今だからできてます)

 

ここでバンド曲は終わりですが前半終了にはせず、楽器をおろし少し話しをしてくれます。

張りつめた空気をちょっと逃がしてくれて、それからもう1曲歌ってくれました。

横一列に並んでの、

 

「オモイダマ」

 

 繊細で巧みな演出だと思いました。

つらすぎた私でも、

フッと力が抜けて、

オモイダマを聴くことが出来たと思います。

この、

「間の演出」

で、救われたと思っています。

 

 

∞もしんどかったと思います。

今年のLIVEはベストアルバムのツアー。

今までのメイン曲を外すわけにはいかないですし…。

後半もドンドン挑んでるな、と思いました。

 

 

意外に元気だった2日目

 

2日目は、

一晩寝て、

ちょっとほっとできた自分もいたようで、

「絶対に楽しむ‼️」

と決めてオープニングにのぞめていました。

何で一晩でそうなったか不思議なんですが、

それが、∞コンの凄さなのかなと思います。

 

来ている皆が元気になってくれるように!

笑ってくれるように!

その方が人生楽しいでしょ!

 

そう思ってステージに立ってくれている、

そんな∞を感じたからでしょう。

2日目の、

錦戸君の最後の挨拶でそう思いました。

 

プラス!

オーラスオープニングの、

錦戸君の気合いに、

∞の気迫に、

引っ張られていったんです。

 

「6人でここまで走って来たんですよ」

 

この錦戸君の言葉に、

苦労や不安や緊張があったこと、

ここまでこれたことへの思いが、

にじみ出ていたように思います。

拍手が次々とわきおこりました👏

もちろん私も一番のりで(笑)

 

この日は私の周りの皆さんも素敵でした。

涙が出ても知られまいとそっとぬぐい…。

一緒に踊る曲はノリノリで踊る! 

そして笑顔で!

そんな風に参加している方ばかりで。

同じ思いなんだ!

そう思えて心強く感じました。

今日は大丈夫‼️

絶対に楽しむ‼️

楽しめてる~🙆ってなりました。

 

双眼鏡も取り出しましたよ(笑)

ステージがバクステに遠ざかるので、後ろ姿だけど全員が演奏している姿をみるつもりで…。

でも!

ひやひやの連続でした!

安田くんですよ安田くん!

あの高いステージの、ほんっとにギリギリの角に立ってギターを弾くんですよ‼️

それも何度も身体をそらせながら。

もちろん元気な安田くんはいつもそんなでしたけど…。

まだでしょう⁉️

痛みが走ってバランス崩したらどうするの!

って、本当にハラハラしました…😓

それだけ元気になったって事でしょうけど…。

心臓に悪かった…。

 

 

 

MC&丸山一発ギャグ&映像企画

 

 

MC&丸山一発ギャグ

 

安田くんの休憩時間のためだと思いますが、ちょっとした企画が次々出てきます。

MCでも、

安田くんは早々に切り上げて裏へ。

MCでは一通り、村上君の if or DVDいじりがありました。(笑)

スタッフが予想していた倍の注文が今入っているとの事。

でもその最初の予想が低すぎる!と、切れがちに振る舞う村上くん。

shopサイトを見た人に手をあげてもらっても、

大倉くんいわく、

「1ブロックに5人位しかいない!」(笑)

2日目に至ってはお客さんも悪のりしまくり!

キャンセルが出て最後は予想枚数にもどるという、そんなオチでしめられました…。

 

信ちゃん!

私は告知後すぐにshop行ったよ!

そしてすぐに予約したよ!

ブログでも紹介したよ!

キャンセルは………考えようかな?

嘘です!

絶対に買います!

楽しみにしてますよ!

まだな方はこちらをクリックしてね(笑)

 

www.j-storm.co.jp

 

2日目は、

「妖怪ケツ洗い」が出現していましたがここでは割愛します(笑)

そして丸山君がおくる謎の一発ギャグの時間もここでは割愛します(爆)

福岡は映像になるようでしたし。

皆さん!

映像が出てからのお楽しみに‼️

 

 

kura tik♪

 

この企画は名古屋から始まったようです。

札幌で、裏が大変だったんでしょうね…。

これは世の中で流行っているのですよね?

私にはよくわかりませんが…(笑)

踊った映像を倍速にして可愛らしく仕上げるというもの。

福岡の丸山編と安田編は、最高の出来!

錦戸編は照れが出て惜しかった!

1日目の丸山編は、

涙、涙のあの私の状況下で、心から笑いました!

2日目の安田編は、

完璧に可愛すぎて、安田くん最高!ってなりました。

ネタバレせずに是非映像で見てほしいです‼️

 

 

 

KING作文企画

 

これは後半の真ん中あたりの映像企画です。

出ましたよ!

安田くんのトランプマンスタイル!

ジャムコン映像に収められた罰ゲームに出てきたキャラです。

そして今回のゲームは安田くんが司会。

ルーレットでメンバー2人を選び、

KINGの頭文字で作った文を組み合わせて、

その内容表現で対戦してもらうというもの。

審査員はもちろん安田くん(笑)

 

Kは、関ジャニエイトの~に決まっています。

(ここで人を選ぶルーレット)

⚪⚪と⚪⚪が~

I 作文ルーレット

N 作文ルーレット

G 作文ルーレット と進みます。

例えば、

これはライブとは全然関係なく私が今作ったものですが、

I  イチャイチャして

N     寝転んで

G     グーポーズをする

みたいな。

(実際はこんな単純じゃありません)

それで対戦してもらって負けた方が謎のブラックボックスに入り、中でなんかされながら、次の曲紹介をするという…。

「ひびき~」って!

 

はっきり言って、曲の世界観は全く無視です(∞らしい)

 

 

 

後半もよく泣き、笑い、そして踊る!

 

涙、涙の1日目も、

kura tik♪のマルちゃんに笑わせてもらい、

突入した後半戦。

ソロやユニットが続きます。

toneのカッコよさは相変わらずでしたが、

KINGにまた会えたことが嬉しかった(*´-`)

 

 

私の買ったうちわの発表!

 

KINGの話の流れから、唐突ですが、私の買ったうちわを発表します(笑)

すばる君の最後のテレビ出演時からずっと亮ちゃんに感謝してて、亮ちゃんのうちわを買おうと思ってました。

が、しかし!

ドームについてみると…。

右も左も亮ちゃんのうちわだらけ…。

ならば!

私の応援はこっちだな!

と思い、買ったのはこれです。

 

f:id:yuruhira:20180917180219j:plain

 

やはり、三馬鹿へのいとおしさが込み上げてきてしましまいた(*´-`)

 

 

 

楽しく踊って元気になる!

 

一緒に踊れる曲も多くありました。

思いだせるか?的な自分もいましたが、体がおぼえてるもんですね!

2日目なんかノリノリで💃

へそ曲がり

がむしゃら行進曲

前向きスクリーム!

この3曲の楽しいこと‼️

今までのライブのシーンも走馬灯のように、くるくるくるくるまわります。

がむしゃらで、亮ちゃんが前で踊ってくれたことがあったなぁ…。

 

でもバラードになると、やはりすばる君の影がちらついて…。

 

涙の答えからの…キングオブ男!

 

は、

後半の寂しさのピークでした…。

でも2日目、冷静になって気づいたんです。

各メンバーが受け持ったすばる君のパート。

自分なりのアレンジがかかって素晴らしいと。

ハモりで対応してたところもあったり。

どのパートも工夫がありました。

それをちゃんと感じでいる私がいました。

そして、本編最後の曲へ。

 

「大阪ロマネスク」

 

冒頭は全員で。

あぁ、これが正解だなぁ。

そう思えました。

誰かの肩の荷にしない。

そういうことなのでしょうか…。

そして、

このユニゾンがとてもとても綺麗でした。

 

1日目はとても寂しくて寂しくて。

すばる君の居場所は、

本当になくなってしまった…。

そう感じて終わった1日目でした。

 

2日目はまた違いました。

ロマネスクまでは全く泣かずに盛り上がれていた私。

ぐっと涙をこらえることもできていた私。

けれど…。

………………。

この曲を聴くと涙が溢れてくるんです…。

どうしようもなかったんです…。

思い出すと今でも涙がこぼれます…。

それほど、

6人の歌が強く心に染みました。

6人の思いがとても強いからこそ、感じとるものがあったと思います。

 

あぁ、ここがけじめだな…と。

ここが、

関ジャニ∞渋谷すばるへの思いを、

たち切らねばならないその瞬間なんだ、

と、そう思いました…。

 

6人の関ジャニ∞へのREBORNは間違いなく達成された!

そんな気がします。

エイターのために、

こんな短期間に、

こんなにも頑張ってくれた6人に、

感謝したいと思います。

 

 

アンコール曲「ここに」

 

もともと6人の楽曲である「ここに」

この曲をどんなに安心して聴けたことか…。

素敵な曲でもありますし。

 

コンサート後駐車場への道すがら、

お土産店から流れてくる関ジャニ∞の楽曲。

もちろんすばる君の歌声が入ったもの…。

今和解してきたのにまた戦闘体制に入って追い詰められている、そんな気持ちになってしまいました…。

早く6人のアルバムが出るといいな、

と、そう思います…。

あ、

無理はしないでいいんです。

無理するくらいなら待てるんです。

いつまでも、

どこまでも、

関ジャニ∞を応援していきますから…。

 

 

 

福岡公演の最後について

 

ダブルアンコールがなかった件で、また、世間が騒がしいようです。

私もエイトコール頑張ってはいましたが、公演途中から村上君の異変を感じていたので、無理なのではないかなという方が90%でした。

歩き方が重くなっていましたし。

最後の挨拶前は顔を歪めて肩をかりる姿もありました。

少し持ち直したものの早めに裏にはけていきました。

 

あるいは、

時間はみていませんでしたが、

もしかしたら押していたのかもしれません。

 

エイトの福岡開演時間は17時です。

嵐の最終日の開演時間は16時です。

 

数年前のことですが、終了後すぐに退席できる席からダッシュでヒルトンホテルの駐車場に行きました。

出庫していた私達をヒルトンの玄関先で警備員さんが止めたのですが、そこを嵐の車が横切って行きました。

ので、

その日に東京へ帰るのなら、飛行機は結構ギリギリなのだと思います。

 

f:id:yuruhira:20180917201022j:plain

 

 

いずれにせよ、ダブルアンコールがなかったのは何か事情があったからのはずで…。

 

昨日の公演は、ダブルアンコールがなくても本当に本当に素晴らしい公演でした。

あの、最後のエイトコール!

エイトの耳に届いてエイトの元気に繋がっていればいいな!

と、

そう思います。

 

 

 

すばる君へ

 

 

さて…。

すばる君!

 

この映像、絶対買って下さいね!

絶対見て下さいね!

きっとあなたの力にもなるから!

絶対ですよ‼️

 

そして次はすばる君の番です。

必ず私達の前に、帰ってきてください。

待っています。