ジャニ愛∞

関ジャニ∞・嵐・Snow Man・Travis Japanを軸に。

Travis Japan×MIYAVI 熱い熱い熱い!

BSフジで放送されたTravis Japanのドキュメンタリー番組『~EP.1:ROCK~ Travis Japan × MIYAVI』その感想です。

 

 

Travis Japan×MIYAVI

 

メチャクチャカッコ良かったんですけど!

ものすごいものを見た…そんな感じです。

熱かったです。Travis Japan!

 

Bang!~T・J MIX~とは

 

BSフジで放送されたTravis Japanのドキュメンタリー番組『~EP.1:ROCK~ Travis Japan × MIYAVI』

MIYAVIさんがこのためにアレンジしなおした曲『Bang!~T・J MIX ~』とても素敵で好きなんですけど。メロディーが頭から離れませんし。(ずっと見てるからでもありますが😃)

この曲に、サプライズで集められたTravis Japanの7人が、その場で、たったの6時間という時間で一から振り付けし、カメラワークも考えて披露するというドキュメンタリー。

"Bang"とは"ズドンと鳴る"という意味らしいのですが、MIYAVIさんの話からは、"沸き立ちはじける衝動"ということなのかな。

世界を目指すための覚悟、その心に向かいまっすぐに、力一杯努力し、ひたすらに頑張る姿が曲にうつしだされています。

その曲の想いを相乗的に高める踊り、情熱、が求められたドキュメンタリーでした。

見事に答えきったTravis Japan。

きっとこのドキュメンタリーがなくてあのパフォーマンスだけだったとしても、心を動かされるに違いないです。

熱かったです。

ほんとに。

 

Travis Japan

 

私が7人を見ていて想いを感じたことを少し、記して残しておきたいと思います。

 

如恵留くん。

 

MIYAVIさんに曲をいただくことをサプライズで聞いて、思わず涙したのえるくん。やはり日頃胸に持つ苦しみを、一端、素直に開放させられたんだろうなと思えて、こちらも目頭が熱くなりました…

そして、後半のサビでアクロバット後に中心で力強く踊る如恵留くん、いつも以上にカッコよかったです!

 

宮近くん。

 

この仕事の意味を即座に理解し『力が試される』と、怖さを抱えながらもみんなを引っ張り力を込めて進んでいく宮近くん。宮近くんのサビの振り付け、格別に好きです。曲との一体感が凄すぎて。

宮近くんのリーダーとしての顔も見られて、頼もしいと思ったことでした。

 

元太くん。

 

普段は振り付けをしたことも、意見を出したこともないという元太くんがこの振り付けのリーダーに決定。くじ引きだから偶然ということではなく、今、まさに、元太くんの力を伸ばすのに、覚悟を高めるのに必要な道筋だったのだと思えます。ここに滝沢くんの育成手段を感じます。

元太くんがつくった部分の、メラメラ感🔥を表現した足の動き、7人揃ったらほんとに炎に見えました。

 

海人くん。

 

冒頭のナポレオンの絵からのアイデアを出したうみんちゅ。彼にはそんなアイデアが降りてくるんですね。そして振り付け中は、楽しみながらも淡々と振り付け、カメラワークを描いているように見え、意外と冷静なんだと思いました。

パフォーマンスは、元太くんと二人になるシーンが秀逸でした。

 

閑也くん。

 

残念なことにしーくんの振り付け場面はあまりなかったように思います…でも、フォーメーションなどまとめている場面はあったかな。のえさんと作ったと思われる7人のまとまりのパフォーマンスの部分は納得の出来映えでしたよね。表面は冷静に見えても中身は熱いです。

以前、しーくんの方が"母"っぽいと思っていた私ですが、長年のファンの皆様が言うように"父"なんだな…と最近はしっかり思ってます😌

 

七五三掛くん。

 

大間奏部分の振り付けを元太くんに任されたしめちゃん。黙々と相当な集中力でつくってるように見えました。

皆に考えを一通り教えたあと、宮近くんに各ソロをその振りで入れたらどうかと提案され、見事にはめ込んだ七五三掛くん。(最初、ソロやユニットの部分も入れたいと言っていたしめちゃんだったのですが、その案をしっかり戻してくれたちゃかちゃん)

クイズはあんなに可愛いお馬鹿なのに、クールな振り付けで素敵でした。

 

松倉くん。

 

まつくは常に感情移入しているパフォーマンス。やはり、お芝居も天才肌だということなので。七五三掛くんの振り付けで、ソロの両手をあわせてグッと引くシーン、心にグッと入ってくるものがあってとても印象的でした。

最後終わった瞬間、皆凄い汗と苦しそうな身体でしたけれど、一番笑顔で、嬉しそうで、満足そうで、全力でやりきった人から醸し出されるオーラがただよっていました。

 

 

おわりに

 

まぁ、そこがTravis Japanのいいところではあるのですけれども…

挨拶、コメント、終始真面目すぎるというかかたすぎる…

サプライズでMIYAVIさんが出てきたときも騒いだのは一瞬!(笑)

「Travis Japanと申します…」等々でスタッフさんからも笑いがおこるという(笑)

時には若者らしく弾けちゃってよぉ~

自信もってアピールしちゃってよぉ~

GO!GO!

行ける行ける!(笑)

 

そして、皆様もお気づきでしょうが…

この放送、EP.1ロック編なのです。

こんなにいい出来でしたから、絶対に続編つくっていただけますよね⁉️

期待しまくって待ってます!

 

写真だけでもリンクしときます↓

www.fujitv-view.jp