ジャニ愛∞

∞・嵐・スノ・トラ軸のほぼ事務所担。エンタメ中心。

大野くんの癒され度合いに、明るい嵐の未来の予感~智とヒロシのひとりキャンプ~

 

嵐にしやがれでシリーズ化してきてます、智くんとヒロシさんのひとりキャンプ。

もともと熊本生まれのヒロシさんも好きな私は、二人が"合う"ことがとても納得できるなと思いながら見ています。

そして、智くんのあまりにも幸せそうな表情を見るたびに、ヒロシさんが智くんの思いやりに泣きそうになる過程を見るたびに、お互いがお互いにすごくいい影響を与えあっているその状態に、感動しています。

二人は会うべくして会ったのですよね、きっと。この情勢になったからこそ、やっと会えたといいますか…

 

ヒロシさんの嫌な思い出となっている「焼きそば」を、良い思い出で払拭したいと、自ら作って食べさせたいとプランを立ててくる智くん。

あぁ、大野くん、今は余裕を持ってお仕事できているんだなと…

 

このコロナ禍の情勢、大野くんにとっては思いもよらなかったことじゃないかと感じてまして。

まずは、仕事量がぐんと減り、じっくり家で過ごす時間、余裕を持てる時間ができたことで一息ついて。

けれど、大好きな釣りにもいけない、会いたい人にも会えない(のかな?)、行きたいところにも行けない状況があり、煮詰まる部分もあったと思います。

この情勢下で休止しても、作品作りはできるかもしれないけれど、行ってみたい外国にも行けないし、好きな釣りもできない、そんな状況で、休止後やってみたいと思っていたことが出来るのか、逆に身動きとれずに辛くないのか、疑問に思うこともあったのではないかなぁ?

 

その中で、"ヒロシさん"と"ひとりキャンプ"とに出会ったことで、何だろう…心洗われている状態に見えます。本当に幸せそうですもの。

番組のロケでさえそうですから、プライベートで満喫出来るようになったらもう、結構十分な癒しになるのではないかと。

何だろう…

ヒロシさんの経験を知って共感することで、きっと今後の仕事のあり方にもたどり着くんじゃないかなぁ…

 

いえ、私もずっと何かしら、生きるとは?社会とは?なーんて考えてしまう人間なので、なんとなく自分よりに感じるだけですが😅

もちろん、それでも社会の中で折り合いつけながら生きているので、癒しというか、安心できる空間というか、この時間が大好きだと思えるものが必要で、私にとってはそれがジャニーズであり、エンタメであるのかもしれません。

でも、それでもずっと考えるんですよ…

 

ん~、なので!

大野くん、休止してやってみたいと思っていたこと、このヒロシさんとの出会いがあったことで結構半分くらいはやれているのではないかな?

そして、コロナ禍がおさまれば、外国に長期間行ったりすることもあるでしょうけれど、なんか…

今年計画されていてできなかったことはやってくれそうな気がしませんか?

嵐は全面休止ではなく、時々嵐になる時間を作りながらやっていけるのではないかなと…

そう思ったら、嵐の未来、とても明るくないですか?

(少し前までは、休止延長なんてあり得ないのではと考えていた私ですが😅)

 

実は、V6さんてそうじゃないですかね?

彼らは、6人の時間以外の芸能活動が殆どてすが、年に1回の特番で集まるとか、数年に1回のコンサートで集まるとか、じゃないです?

大野くんは集まるときだけ嵐で芸能活動して、それ以外は旅しててもいいんじゃなーい?

ジャニーズをやめなくても大野くんの想いが達成できるのなら、それはありではないかな~

働き方改革!

 

え~と。

今日の話、ほぼ私の夢(空想)になってます(笑)

 

そんなことを考えた『智くんとヒロシさん』でした。

ヒロシさん、これからも智くんのこと宜しくお願いします!

 

*余談…

ヒロシさん、熊本では番組あったり、トヨタのディーラーのCMやったりしてまーす。

私も本、買って読んでみます!

 

ひとりで生きていく

ひとりで生きていく

  • 作者:ヒロシ
  • 発売日: 2019/11/02
  • メディア: 単行本