20180415-すばる&∞-

渋谷すばると関ジャニ∞ & 嵐ゴト。ジャニゴト中心です。

夏の野外コンサート注意点‼️ 熱中症と雨の心配アレコレ ~大雨経験~

 *20190114更新*

夏の野外コンサート。

私は、嵐の国立競技場(2009と2010の8月)

関ジャニ∞の長居陸上競技場(2012 9月と2014 8月)

この4回の経験しかありません。

しかし、最近の夏の大変さを思うと、夏の野外は躊躇します。

 

 

夏の野外コンサート問題

 

NEWS開演遅れMCカット

 

2018年のNEWSの野外コンサート。

開演がかなり遅れてMCがカットになるという事態になりました。

こんなにも暑い近頃の夏。

野外のコンサートは早めに行くことを躊躇しますよね…。

世の中、熱中症でバタバタと倒れている中、開演ギリギリに入りたいと思うのは当然です。

そんな理由だけではないかもしれませんが、結果、開演時間に2万人が入れていなかったとか。

それは遅れますよね…。

それで曲を削るか、MCを削るかの選択を迫られ、仕上げた曲は聴いてもらいたいとの意志でMCカットになったようです。

 

いやぁ、つらいですね!

どちらだとしてもつらい(TT)

 

野外は音が漏れるので、終演時間が厳しく決まっていますから(もちろんドームでも決まりはあると思います)、どうする!? ってなりますね。

どちらか選んで!と言われても、難しいなぁ~

MCも半分、曲も少し削る、でお願いしたい(笑)

 

 

野外コンサートの思い出

 

私の4回の夏の野外経験は、3回は雨と、降る直前とでした。

 

 

嵐『5×10』

 

国立競技場です。

これが初野外だったのですが…。

皆さん、ご存知ですか?

もしくは、覚えてますか?

2009年8月30日、

大雨の、

嵐の松潤誕生際を!

ありがたくも、あの現場に居合わせていました。

しかもアリーナ!!

メインからは離れてましたが、相葉さんのトロッコが真横を通ったり(相葉さんファンの娘は超感動もの)、十字に作られた花道を通る時は肉眼でメンバーのお顔を、やっとですが確認できるくらいの位置でした。

 

レインコートや荷物を包むビニールも準備し、真夏でしたが、一応ショールや薄手の長袖も準備。

開演後、

オープニングの見せ場のフライングは、雨風で中止になりました。

そして、

雨は時間が進むにつれてどしゃ降りへ‼️

ほんっとに寒かった!!!!

唇は真っ青。

持ってるショールや服を全部利用しても、私も娘もぶるぶる震えるくらい。

真夏の格好で入ってきていた人は、この手に入りにくいチケットを捨てて、途中退席しておりました…。

最後は小雨にはなった記憶なのですが(9年前なので間違ってるかも…)、松潤は雨に濡れたお祝いケーキを食べ、メンバーのマイクもつぶれていくなどハプニングもありました。

 

この様子は、ダイジェストでDVD特典に収録されています↓

ARASHI Anniversary Tour 5×10 [DVD]

ARASHI Anniversary Tour 5×10 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • 発売日: 2010/04/07
  • メディア: DVD

 

ほんとに寒かったな~(((((((・・;)

ずぶ濡れで地下鉄に乗ってホテルに帰り、食事よりも何よりも、まずあったかいお風呂に入りました。

なので、

夏山並みの防寒防水が必要だと、大袈裟でもなく思いました。

 一生忘れられないです。

 

 

他 3回 は

 

2回目は『君と僕の見ている風景』

これも嵐の国立競技場です。

このときは晴れました!

この国立ライブ、福岡でのドームコンの方に行きたくて、また、病み上がりなこともあって申し込みを控えていたのですが、同僚に誘われて、迷いながらも娘も一緒に遠征しました。

その後ドームは落選してしまい、本当に行っといて良かったと感謝した次第。

 

この日は上の上の方の席でした。

でも、前に通路がありゆっくりと座れもしました。

そして、途中夕日が沈むときの綺麗な風景が堪能できました😌

入場後はやはり暑く(今とは比べものにならないでしょうが)、建物の日影に人が集まっていましたし、直射日光をさける場所を探していた気がします。

 

天候には関係ないですが、このライブでの『Summer Splash!』

すっかり夏の定番曲ですが、演出の水の量が半端なく、アリーナの椅子の下はずぶ濡れになっていました(^^;

野外のアリーナは、荷物はビニール袋の中にいれていた方がいい!

という、

教訓です。(笑)

 

あとの2回は、関ジャニ∞の長居陸上競技場。

『8EST』と『十祭』

ここは台風との戦い(((((((・・;)

 

『8EST』は屋根がある座席だったので濡れずにすみました。

∞とアリーナはかなり濡れています。

そして、2日目は台風により中止🌀

 

『十祭』も雨対策はしてましたが、なんとか何も使わずにすみました。

夏の野外演出にはメンバーからの『水掛け』が多いです。

この日も雨の心配をするくらい曇っていたのに掛けてましたよ…。

2日目はどしゃ降りが襲ってきていつ途中で中止になるか、ひやひやだった様子。 

 

熱中症を起こすほどに暑い野外の経験はありませんが、それ以外でも夏の野外は大変です。

これからは熱中症対策も加えて、かなり準備が必要になると思います。

嵐と関ジャニ∞の野外予定がないのが、ちょっとラッキーと思ってしまう(^^;

 

 

夏の野外コンサート注意点

 

少ない経験ですしフェスなどの参加はしたことがないのですが、私がまた夏の野外に行くとしたら何を準備し注意するか?だけまとめてみたいと思います。

 

1.頑丈なレインコート

 

2.防水性の靴

 

3.防寒用の長袖の服やショール

冷えてきた時にレインコート内にさっと着れるもの (どしゃ降りだったら1枚では足りない)

 

4.着替え用の服

 

5.荷物を入れる頑丈なビニール袋 (晴れていてもアリーナは絶対に使用する)

 

6.水分は多すぎると思うほど持参 (麦茶かスポーツドリンクが良い)

 

7.塩飴など塩分をとれるおやつ

 

8.日射しが強いときに使う帽子 (後ろの人に邪魔にならないもの)

 

9.折りたたみの日傘 (雨晴兼用が便利)

待ち時間に日陰が見つからない時にいります。グッズ列でも必要(周囲に気をつけ売り場が近づいたら閉じましょう)

 

10.遠征組は交通状況を常にチェックし、対策する。

 

10、に関しても失敗談があります。

名古屋で、ANAからの直前のフライト中止に気づかず、特急に乗ってセントレアに向かってしまい、ホテルを見つけて名古屋市内に帰るまでの往復代金、時間を無駄にしたことがあります。(替わりが見つかるかもわかりませんし、空港に泊まりたくはなかったので)

でも、その時間帯に熊本行きがフライト中止になったのはその便だけで、スッゴク悔しい思いをしました。仕方ないのですけど。

 

大事なのは熱中症対策と雨の寒さ対策です!

 

野外コンサートに参加される皆さん、くれぐれも、雨風、台風、そして熱中症に、十分お気をつけください(^_^ゞ

 

野外コンサートの思い出です↓

www.yuruhira-ss.com