ジャニ愛∞

関ジャニ∞・Snow Man・Travis Japanを軸に。

マリウスくんの活動休止に想うこと。

もうびっくりで。
Sexy Zone、やっと5人に戻れたところだというのに…

(やはり、早すぎたデビューだったのかもしれませんよ…ジャニーさん…)

松島くんとマリウスくんは、ジャニーズに入りたてでのデビューだったこと。
つまりは、芸能界の右も左もわからない、メンバーのことだってよく知らない、そんな状況でジャニーさんが特別に目をかけたグループとしてデビューしていて…
きっと妬み嫉みにもさらされていたことでしょう。


そして、RIDE ON TIMEをみていて考えたのは、中島くんと菊池くんの間で右往左往してたであろう後輩の小さな子たちの気持ち。辛い時もかなりあったのではないかなと思います。

もちろんふまけんも、小さい子たちと何の準備もなく一緒にデビューしなければいけなくなったことで、自分のことだけでも精一杯な年頃なのに抱えるものが大きくなって。かなりなプレッシャーと戦っていたのだと思います。

勝利くんは…松島くんが帰ってきたとき、ラジオで話していて涙がにじんで気持ちが込み上げちゃうくらい…どうしていったらいいのかという不安に、ずっと押し潰されそうであるのかもしれない。


そして、こんな時代です。
ほんとに些細なことでたたかれ、真実なのかわからない事で騒ぎ立てられ、勝手気儘に批判される…そんなつらい時代です。

きっと松島くんが帰ってきたことで、マリウスくんの張りつめていた糸が切れかかってしまったのかなぁ。

大変すぎるものを抱えて極限まで頑張っていた所から、ふと肩の荷をおろせる所に移った時に心はガクンとくることも多いです。(もちろん、治療の現場で働くものとして、それはまだ踏ん張れてたギリギリであったからで、そのまま大変な現場をずっと続けていても壊れてしまうことも知っていますが)



心がいたーい…



松島くんも、また、プレッシャーを負わなければいいけれど…

ここからまた、まわりの大人の有り様が真剣に問われます。
加えてここからは、大人になった彼らの互いへの想いが掛け違いにならないように、自分達で支え合いながら歩むことも大事なのだという気がします。

今回マリウスくんは、具合が悪くなったときにメンバーにも事務所にも助けを求めることができていたという報道があっています。それが事実であるならば、そこは少しほっとした所でもあります。


周囲の勝手な声なんかシャットダウンしちゃって、自分が幸せであるようにそれを一番に考えて、少しスピードを落として、ゆっくり、ゆったり、あせらずに歩いてほしいです。

マリウスくんはひとまず、学業に専念できるくらい回復してくれればいいのですけれど…

どんなかたちであってもいい、5人それぞれが幸せを感じてほしい、自分を好きで生きてほしい、そんな気持ちでいっぱいです。


ファンの、プレッシャーにならない応援もきっと必要なことでしょう。
難しいことですけと、松島くんを復帰に導いた皆さんなら、きっと、できる。

うん。
私も、応援しよう。

NOT FOUND(初回限定盤A)(DVD付)

NOT FOUND(初回限定盤A)(DVD付)

  • アーティスト:Sexy Zone
  • 発売日: 2020/11/04
  • メディア: CD