20180415-すばる&∞-

渋谷すばる・関ジャニ∞を軸にして。ジャニ系中心。

ゴルゴ松本さんの講義が真をついて…5人の心を想い…涙…~遅れ放送のジャニ勉より~

 

遅れ放送のジャニ勉。

ちゃんと飛ばされずに放送されているのかはわからないのですけれど、熊本の本日深夜の放送はゴルゴ松本さんの回でした。

亮ちゃんももちろんいます。

 

ちょっと…苦しい心境でしたよ…

"名は体を表す"

放送がまだな所は、この先はネタバレしておりますのでお気をつけください。

 

 

ゴルゴ松本の特別授業

 

名前から紐解く“生き方ヒント”

たぶん∞全員取り上げられたのでしょうけれど、オンエアは3人。

これ、放送されたの何月なんだろ…

いつも3ヶ月弱遅れていたはずなので、7月下旬?

十五祭が始まった頃なのかもしれません。

 

安田章大

 

章大の『章』

音に十と書く『章』

彩るとか飾るとか、そういう意味がある。

関ジャニ∞の音をまとめろ!彩って!

重要だよ~とゴルゴさんのお言葉でした。

 

大倉忠義

 

忠義の『忠』

心を先に書いたあと、「ど真ん中」といいながら中を書きました。

真心という意味がある。

「真心で…」と言って『義』を書いたゴルゴさん。

一番この中で、理路整然と生きなきゃならない。

心ど真ん中。

ブレない心という意味もある。

真心をもって忠義を尽くす。

ブレない心で真心を持って忠義を尽くす。

この関ジャニ∞に忠義を尽くして、世の中に対して頑張るという姿勢だと。

そこで「忠義」と呼ばれて「ハイ」と即答した大倉くん。

きっと心から出た素直な返事だったんだと思います。

その場では笑いに変えるしかなかったんでしょうけど…

 

あ~、泣ける…

 

ゴルゴさんは知らない錦戸くんの脱退。

けれど、いまこの時、をあらわす言葉が続いて、もう涙腺が…

次の説明に入る前に、もう、村上くんはうるうる状態です。

このあとの村上くんへの言葉も含め、もしかしたら…もしかしたら、ここで救われたのかもしれないです、5人は…😢

ゴルゴ松本さんの登場は必然だったとしか思えません。

そして…

錦戸くんの複雑な表情を見逃すことも、できませんでした…

 

村上信五

 

人の言ったことを信じると書く『信』

ここで、横山くんがフライング。

ゴルゴさんの説明の前に「五」やもんなぁ…と。

 

信じるのは「メンバー5人」だと話すゴルゴさん。

「僕ら最近まで7人組やったんですけど」と反撃する錦戸くん。

亮ちゃんがそんな反応をしたのは、5人という数字の解釈は他にあるのだと思った上での、ちょっとした抵抗だったのかなぁ?

頭の回転の速い人ですから、ウワサを打ち消す必要があったからなのかもしれないなぁ…なんて、ちょっと考えてしまいました。

それに対し、

「今日来たことが重要なんです」

と、ゴルゴさん。

そうなんですよ。

そうなんですよ!

 

にんべんは自分をあらわす。

「自分の言ったことを信じて、他の5人を信じて、関ジャニ∞を盛り上げていけよ」

そう言った松本さん。

でも、きっと∞はそうは受け取らなかったのは明確で…

この5人で行くんだということだと。

5人で村(芸能界)の上を目指せ!と言われているのだと、絶対にそう感じたはずです。

 

ゴルゴさんはきっと、今、合点がいってることでしょう。

ゴルゴさんの最近の活動を見ていると、きっと何かのお役目を背負って生まれてこられたのだろうと思います。

ジャニ勉にきたこの日は、5人の関ジャニ∞への神様からのエールだったんだと…私にはそうとしか思えませんでした。

大丈夫ですね😌

きっと5人の関ジャニ∞は見守られて生きていく。

そう思いました。

 

それは、裏を返せば、錦戸くんに厳しさを持って伝えるエールなんだろうと思えます。

亮ちゃん、5人以上に気張っていかないとね!

もちろん、すばるくんも!

 

みんな頑張ろう!

私も頑張る!(笑)