内なる神を慈しむ

-ありのままに-

神に願い事をするのは、内なる神との分離を広げている⁉

こんばんは。

ゆるひらです。

今日の記録です。

 

昨日、記事をアップしたあとすぐに『俯瞰』のキーワードが飛び込んできました。

 

www.yuruhira-ss.com

すごいシンクロだ、と思いつつ、やはり今は、それがテーマなんだなと理解。

同時にきていたワードは「シリウス」と「龍」

もともと、そことご縁が深いと思っている私なので、何か学びが深まりそうだとも感じています。

 

今日、氣になったのは、タイトルにあげた通り。

『神に願い事をするのは、内なる神との分離を広げている』という言葉です。

  

 

もともと全てワンネスの世界。

どんな魂も、源(神ともよばれてもいる)と同一である、というのが宇宙の法則。

なので、神をあがめる、神にお願いする、ということは、逆に、源との分離をひろげてしまう、ということであるようです。

 

もちろん、源は、探求のために分離していったのですから、その経験も必要であったのだと思うわけですが、風の時代、これからは統合へ進んでいくため、そこも手放していく方が良さそうです。

 

神社仏閣、パワースポット、そして、日常においても、光の祈り、宇宙と地球を高い波動の光でつなぐ意識の祈りを、これまで通り心掛けていきたいと思います。

 

そして本日は、仕事を再開してから覗っていなかった氏神様のもとへ行って参りました。

誰もいない中、よい氣をたくさん浴びてまいりました!

やっぱり、この土地にもよばれてきたのだと、改めて感じながら、ゆったりまったり過ごし、素敵な時間となりました。

 

みなさまは、土地の神社にお参りされていますか?

有名どころでなくても、波動の高い所がたくさんです。

心地の良いところを、ぜひ見つけられてくださいませ。

 

ではでは~