20180415-すばる&∞-

渋谷すばると関ジャニ∞ & 嵐ゴト。ジャニゴト中心。

関ジャム完全燃SHOW(20190616)~今だから聴きたい雨ソング特集感想~

 

今回は梅雨にも入ったことで☔雨をテーマにした歌の特集でした。

20~50代男女 100名のアンケートから『好きな雨ソングBEST10』を決定!(アンケート数、少なくない?😄)

 

 

雨ソング特集!

 

雨ソングと言われても…

サバンナ高橋さんと一緒で急には思い浮かばずに、私も八代亜紀さんの歌が脳内をめぐりました(笑)

先週ちょっと予告見ちゃってますけど😄

空にあるものって人間に身近で、日本のポップスは悲しいものが多いということで、雨で表現されることも多いんだとか。

3人のゲストの分析も面白かったです。

 

 

第4位~10位

 

4位 『雨のち晴レルヤ』 ゆず

5位 『TSUNAMI』 サザンオールスターズ

6位 『雨に唄えば』 ジーン・ケリー

7位 『雨』 森高千里

8位 『みずいろの雨』 八神純子

9位 『優しい雨』 小泉今日子

10位 『雨上がりの夜空に』 RCサクセション

 

はっ!私はこれだわ!という曲が結構早く出てきました😌

森高千里さんの『雨』

別にこんな失恋したわけでもないのに、雰囲気が大好きでよく歌っていたなぁ~

そして安田くんも言ってましたが『TSUNAMI』は私も夏のイメージ。

でも、そう言われれば「あ・め...」っていう最後のフレーズは独特で耳に残りますよね。サザンをよく聴かれる方は雨のイメージが強いのかもしれませんね。

 

雨を使うプロの技術

 

ここからの解説は三者三様でしたが勉強になりました。(勉強してま何にもいかせないですけど…😄)

 

作詞の技術

 

「雨」と「夜」はネガティブの象徴なのに、雨上がり・虹というものをつけると逆にポジティブなものに変わる!という解説に、なるほど~ってなりましたね😃その変化も心捉えられます、確かに!

 

「雨宿り」「相合傘」など、雨にアイテムをつけると恋愛ものに変身するという狙いに、へぇ~って😃

テゴマスの『アイアイ傘』の主人公が「手越とおうてない!」と毒づく村上くんと、それに乗る∞が面白かったです😄😄😄

 

音の技術

 

「テンポ」「ビート」で雨の降ってる情景を表現できる、これ納得!

森高千里さんの『雨』と『TSUNAMI』は8ビートでシトシト雨。

『みずいろの雨』と『雨上がりの夜空に』は16ビートでドシャぶり。

情景、浮かびますよね😃

『雨に唄えば』『雨のち晴レルヤ』は弾く「ブラック音」でピチピチ感っていうのかな?はねる雨が聴こえます。他にも鉄琴、シェーカーなど様々な音の配置が…

 

う~ん、音ってすごい!楽器ってすごい!音楽ってすごい!✨✨✨

 

BEST10外で上位ランクイン曲

 

『LOVE RAIN~恋の雨~』 久保田利伸

『雨の御堂筋』 欧陽菲菲

『RAIN』 SEKAI NO OWARI

『真夏の通り雨』 宇多田ヒカル

『雨にキッスの花束を』 今井美樹

『Rain』 大江千里

『群青日和』 東京事変

『雨やどり』 さだまさし

『雨のに晴れ』 Mr.Children

『雨の慕情』 八代亜紀

『にじいろ』 絢香

『サボテン』 ポルノグラフィティ

『ENDLESS RAIN』 X JAPAN

『駅』 竹内まりや

『虹』 Aqua Timez

『雨のMelody』 KinKi Kids

『最後の雨』 中西保志

『瞬き』 back number

『Squall』 福山雅治

 

すごい数あがりましたが…これは上位ランクインではなく、紹介したかった雨の曲すべてのまちがいかな⁉️(笑)

でもこの中で、あ~そうよ!これよ!ってまたなりますね😃

私は『Rain』『虹』そしてなんといっても『雨のMelody』ですね。

『雨のMelody』は3位までに入っていてほしかったなぁ~と思いながら見てました(残念)

 

日本独特の雨の歌

 

時代時代の雨のヒットソングがあるのは、日本独特。

他の国は雨があまり降らなかったり、逆にいつも降っててそんなに気にしなかったりで、雨への想いが日本人とは違うらしいです。

日本では梅雨があったりして雨への共通認識があるから、こんな素敵な音楽になってヒットするですね!

もともと心の動きに敏感な日本人であるからこそかもしれません。

 

 

第1位~3位

 

1位 『レイニーブルー』 徳永英明

2位 『晴れたらいいね』 DREAMS COME TRUE

3位 『はじまりはいつも雨』 飛鳥涼

 

関ジャム思いきりましたね。飛鳥さんの曲。でも、名曲は変えられないんだからいいんですよね…

『はじまりはいつも雨』で解説されたのは「代理コード」

コードを構成する音が似ていて、同じような響きがあって置き換えが可能なコードのことのようです。それをやることによってちょっとカラフルになって印象が変わると。

お手本聴いてて、ほんと、ふっ、って優しくなるというか…哀愁が漂いますね😌

『レイニーブルー』は、ジメッと感が出るコードが使われてるんですって。ぶつかる音…うん、雨でしたね…

 

それから、雨ソングは一人で歌いたいんじゃないかな…と。ソロアーティストが多いという分析でした。なるほど。確かに一人の方がはかないです…

 

そして1位はなんと、先週のジャムセッション曲でした😄

 

 

ジャムセッション『Rain』

 

保本真吾さん×関ジャニ∞(丸山・錦戸・村上くん)です。

大江千里さんの『Rain』

なんと丸ちゃんはベースなしのボーカル!🎤

亮ちゃんはギター&ボーカル🎸

信ちゃんはキーボード&ボーカル🎹

 

「詞がむずかしかった!」と話していた丸山くんでしたが、しっかり歌えてましたよ✨間奏部分がよかったですね✨

ただ詞よりも曲調の方が難しかったんじゃないかな~

あまり音の変化がないので、哀愁を表すのも難しいですね…

もう少し、もう少し静かな哀愁が欲しかったかな…とは思います。

のびしろですね!😊😊😊

大江千里さん、あまり歌が上手だとは思っていなかったんですけれど、あの歌にはあれでいいんだなって感じました(ごめんなさい💦)

きっと思っている以上に、唄うと難しい曲だと思います。

 

さてさて、来週は久しぶりのダンス特集!

また楽しめそうです💃