20180415-すばる&∞-

渋谷すばると関ジャニ∞ 時々嵐ゴト。ジャニゴト中心です。

嵐が嵐を続けられる理由は何?「嵐の嵐会」を観て思うこと。嵐と関ジャニ∞、コメンタリー特典はどう違う?

 

「嵐の嵐会」は、

嵐 LIVE TOUR「untitled」

DVD&Blu-ray初回限定盤特典です。

 

 

 

「嵐の嵐会」

 

 

「嵐の嵐会」ってどんなもの?

 

嵐5人が、

LIVE映像をみながら話しているのを、

ずっと撮っている映像です。

いわゆる“コメンタリー”

「嵐会」なるものは、

ジャニオタであればわかりますよね(*´-`)

ファンの皆さんが気の合う仲間と集まって、

一緒にライブ映像みながらワイワイ楽しむ、

嵐の皆さんの言葉を借りれば、

「オフ会のようなもの」です。

 

アラフェス(2012)くらいから、

嵐のライブ映像には、

初回限定盤はなくなりました。

(初回プレスはあり)

それでも(特典なしでも)売れまくってましたが、

昨年の「Are You  Happy ?」から、

復活し、映像特典もつきました。

「untitled」の特典は、

このコメンタリー映像「嵐の嵐会」です。

 

 

関ジャニ∞特典にコメンタリーはある?

 

関ジャニ∞にそんな特典があったのか?

といいますと、

2014年の関ジャニ∞の映画である、

「エイトレンジャー2」の特典で、

ビジュアルコメンタリーとして、

「映画を観ている∞」

を、映像化しました。

これは最先端だったのかな…?

とにかく、

ただ映像を観てしゃべっている∞なんですが、

おうち感があって、

日頃の雰囲気が出ていたりと、

魅力ある特典でした。

 

LIVE映像では、2017年発売の、

「関ジャニ'sエイターテインメント」

BD特典に、

コメンタリーが入っています。

これが評判良かったので、

嵐にも導入されたのかな?(*´-`)

 

 

嵐と関ジャニ∞ の違い

 

鑑賞する映像画面

 

まず、メンバーが映像を観ている、

画面の大きさが大違い(笑)

まぁ、その、

嵐の凄さを目の当たりにします!!

どこかのお家を借りての嵐会なんですが、

5人が見ている映像、

これがものすごく大きい!

たぶん高級高層マンションの、

ガラス張りの窓(?)のカーテンに、

透明(?)の大画面ができていて、

うつしだされているんですが…。

言葉では伝えきれません…。

 

 ※発売当時は、J-Storm公式に58秒の映像があり、その画面もみることができましたが、現在は見ることが出来ないようです。

 

なにこれ?

何の技術?

ほんとビックリ(*゜Q゜*)です。

こんな画面、私もほしい!!

(見る場所がないですけど…)

 

∞は普通のテレビ画面でしたし。

音の調整なんかも、

自分達でやっていました。

自分達で調整できてしまうから、

挨拶の部分は、

「恥ずかしい」ととばしたりして。

(そこは一緒にみて恥ずかしくなってよ~)

 

これは、使えるお金が違うからか?

映像スタッフの力か?

松潤のこだわりか? 

 

 

嵐のコメンタリー&松本潤の魅力

 

ご存知の方も多いでしょうが、

松本潤くんは、

嵐LIVEメインプロデューサーです。

その能力はものすごいです。

嵐5人を生かすために、

どの座席のファンも楽しませるために、

映像技術なども、

自分で見つけて調べて提案していきます。

もちろん、

嵐の凄いスタッフチームと一緒にです。

 

「ジャニーズムービングステージ」の、

発案者であることは知られてますよね!?

あの動くステージに、

どれだけファンは心捕まれるか!!

 

照明、曲順や時間、衣装、音、動き、

あらゆることをプロデュースしています。

ライブ後も、

その日の問題調整のために遅くまで、

スタッフとミーティングをしたり。

リハでは自分役を他にやってもらって、

松潤は遠くから全体を見ているのです。

嵐15周年の時に、潤君が皆に、

「LIVEつくってみたいと思わないの?」

って聞いてましたが、

「今からあのレベルには到底無理」

とのことで、そんな気もなくなるようです。

もっとずっと前に、ニノと大野君で、

照明のあたり具合がどうなるだの、

何でそんなことが(松潤には)わかるのかと、

話していたこともありました。

空間認知能力が高いんでしょうね。

 

いけない!

松潤の紹介だけで終わってしまう!

 

そんな潤君と一緒の観賞会ですから、

裏話がたくさん聞けます。

何より他のメンバーが、

それを聞いて感心したり逆に質問したり。

目を輝かせて観ている嵐。

終わったLIVEに対してもアグレッシブ!!

 

 

 

∞のコメンタリー

 

逆に∞は、

うたた寝していたり、

ほとんど喋らなかったり、

楽しそうにはしゃいでたり、

いろんなメンバーがいます。

∞はほんとに力が抜けていて、

全くの腑抜け状態といってもいいくらい。

(いい意味でです!)

 

実は、どっちも観てて楽しい(*´-`)

そこが嵐と∞の違いで、それぞれの良さ。

 

 

嵐のグループ感

 

今回のコメンタリーをみて、

やっぱり嵐は、

LIVEステージで生きているんだな!

と改めて思いました。

ジャニーズの王道ですよね。

ジャニーさんの教えというか。

 

あれだけマルチな活躍をしていても、

メインは、

全員が「LIVE」なんだなぁって。

そんな感じがしました。

だからこそ、こんなに長い間、

プラチナチケット状態が続いている。

もちろん、

LIVEを観てもそう思いますが、

今回、

真剣な目で、

映像を注視しているのが印象的でした。

あとは、すごくお酒飲んでて、

最後は酔っぱらいになっています(^^)

5人の安心感があるんでしょうね。

(カメラたっくさんあったけど)

お互い強固な信頼関係があって。

 

地方でのLIVE後は、

必ず全員で食事をする嵐さん。

ライブ後の空気感なんかも、

大事にしてるのでしょう。

他のメンバーの調子なんかも、

よくわかる時間なのかもしれません。

 

 

∞のグループ感

 

大阪時代からの苦労を共にした仲間、

ワイワイガヤガヤ楽しいグループ、

ではあるけれど、

年齢やキャリアの違いがあるからか、

やはり先輩後輩感はあるグループ。

それが悪いのではなく、

しっかりと、

グループとしての力になっている!

そう思います。

ずっと引っ張ってきた年上グループ。

それで前進してきたグループですから、

年下グループの遠慮も長い間あったかも。

もちろん、

今はそんなことないでしょうけど。

(全くないとは言いきれませんが)

 

これはあくまで、

私が感じることにすぎないんですけど、

7人って、

グループとしては、

やっぱり微妙に多いのかなって、

この頃ちょっと思います。

皆、忙しくなればなるほど、

コミュニケーションをとる時間が、

少なくなってきます。

そもそも、

7人全員集まる番組が減ってしまっています。

 

そこで意識して、

全員が全員、

コミュニケーションをとり続けられるか、

そこが鍵なのかもしれません。

∞は、

何かしら安心感があって、

忙しくもあって、

全員でのコミュニケーションとなると、

なかなか難しい状況にも、

なっているのかもしれません。

そのことと、

すばるくんの脱退は、

また別なのだとは思いますが…。

 

 

 

嵐のコミュニケーション意識

 

嵐は確実に、

互いのコミュニケーションを意識しているよう。

LIVE後皆で食事をすることもそうですし。

もともと、メンバーの動きをよんで、

自分の動きも変えていったり、

その場の雰囲気をよんで対応する力が、

5人が5人とも優れている、と、

本人たちがこの嵐会でも言っています。

そんな性質も関係していますよね。

でも、

15周年で話した大野君の本音の中には、

葛藤もたくさんありました。

そこを乗り越えて、今、

どんな未来が見えているのでしょう…。

お互いを仕事の上で尊敬しあっているのも、

昔から感じています。

なので馴れ合いにもならず、

甘えもなく、

仕事に邁進できるのかな。

これが嵐が嵐を続けられる理由の、

一部ではあると思います。

 

 

6人の関ジャニ∞

 

脱退を決意したすばる君。

その上でグループを続けることを決めた、

6人の関ジャニ∞。

でも、

グループが嫌で逃げるのではなく、

グループが好きだけど自分に厳しく、

夢を追っていく。

その決断をした渋谷すばるを、

やはり応援し続けたいと思います。

6人の関ジャニ∞も、

きっとそう思っていると私は思います。

そして、頑張り続けてくれると。

 

 

 

 

今日は楽しくしめるはずだったのに…(^^;

すみませんm(__)m

最後まで読んでくださり、

ありがとうございました。

 

 

 

関ジャニ'sエイターテインメント [Blu-ray]

関ジャニ'sエイターテインメント [Blu-ray]