20180415-すばる&∞-

渋谷すばると関ジャニ∞ 時々嵐ゴト。ジャニゴト中心です。

「渋谷すばる」の仕事と自分の境界線は何色だったのか? ニノの表現をかりて考えてみました。

ャニーズJr.黄金期メンバーはどんな思いなのかなぁ。

 

すばる君の脱退会見以来、

“渋谷すばる” “関ジャニ∞”の事を考えると

「もうきっと大丈夫」

「やっぱりまだまだしんどい」

の繰り返し…。

シーソーゲーム状態でフラフラ。

大丈夫、ツアーだって楽しめるはず!

と思っても、

ドームにいる自分を想像すると、

やっぱり涙がにじみます。

情けないなぁ………。

∞メンバーは、

どんな思いでリハーサルしてるかな、

それをまだ近くで、

感じているはずのすばる君は、

今、どんな思いでいるのか…。

それを考え出すと胃がキリキリ。

どんだけ“関ジャニ∞の渋谷すばる”が、

好きだったのよ!!

 

ジャニーズの皆さんは、

どう感じているのでしょう。

タッキーにも相談してないのかなぁ?

デビュー前の、

ひきこもり時代のエピソードといい、

滝沢君とは、

深い信頼関係があるように思えましたが…。

もちろん、∞メンバーとは別の視点でです。

KAT-TUNの田口君脱退宣言の日の、

∞ の表情からは、

動揺も感じましたし、

黄金期の皆さんは少なからず、

自分への問いかけも含めて、

真摯に考える人たちが多いかもしれません。

 

おまけにTOKIOさんの大変な状況。

昨年のSMAPの件も含め、

大きな変化が多すぎですよね。

 

“嵐”が背負ってる荷が、

なかなか軽くならないな…。

彼らの心も大丈夫かな…。

と嵐ファンでもあるので心配になります。

すばる君の件で、

将来このまま変わらずにいる保証はない

と改めて学びました。

高い人気のまま、

長くアイドルを続けることは、

大変かもしれません。

特にすばる君みたいに、

何事も100%であろうという生き方の人は。

柔軟にかつ合理的に切り替えられて、

それを楽しめる人が理想なのかも。

 

こうやってblogを書き進めていくと、

そうえいえば…

と、思い出すことが色々ありますね。

雑誌の一部でさえ、

印象に残っていたものは思い出します。

ジャニオタあるある?(^^;

大部自分の中で、

脳内変換しているかもしれませんが。

 

嵐の二宮君が、

相当前ですが、

雑誌で心理テストをしていました。

「紙が仕事として、

自分を○で描きあらわしてください」

(というニュアンス)のお題だったのですが、

(仕事と自分というのはふせてあったかも)

彼は、

白い紙に白い線で、

○を真ん中に堂々と、

楕円形で(だったと思う)描いていました。

答えとしては、

仕事と自分のギャップがなく、

理想的な状況ということでした。

すばる君だったら、

物凄くはっきりと、

違う色で○を描きそうだと、

私には思えます(あくまでも私の感じ方)

二宮君も年を重ねた今、

そうであるかはわかりませんが…。

 

すばる君の脱退会見の時に、

アイドルの高齢化が、

話題になっていましたが、

ジャニーズ事務所も、

ひとつの転換期ですよね。

でも大事が起きてる一方で、

他方が盛り上がっているので大丈夫かな。

今年になって次の世代、その次の世代と、

活躍が私にもわかるように(届くように)

なってきましたし。

 

誰にでも言えることだとは思いますが、

仕事と自分の境界線。

客観的にみた上で冷静に考えたり、

自分の心の持ちようを変えたり、

線や形が様々でもそれなりに、

いえ、その中でも白い部分を見いだして、

あるいは一部でも自分で白く塗りあげて、

日々過ごせたらと思います。

最後は自分への教訓になってしまった…。

 

あぁそうか、

すばる君も白に塗りあげていってたけども、

100%白に、

したくなっちゃったのかもしれません。

 

f:id:yuruhira:20180607101247j:plain